記事一覧

仕事の研究:飛行機が飛び立つまでに~私たち1人ひとりがパイロット!~

みかん畑に自生するニラの花も終わりになりつつあります。バリアフリートイレのマップが完成間近なので空港に置いてもらえるようにお願いに行き、その帰りにしばらく送迎デッキで飛行機を眺めていました。だんだん飛行機を見るよりもそこで働いている人達に興味を持つようになりました。私には全く縁のない仕事なのですが、仕事におけるモチベーションとは何かということでずっと見ていました。搭乗客の荷物を乗せる人たち遅れて来...

続きを読む

ブレイクタイム:ストレス溜まります~!

寒さ暑さも彼岸までといわれますが、朝は少々肌寒いくらいとなりました。彼岸花って本当にお彼岸ごろに顔を出し咲くので不思議です。朝のしそ摘みももうすぐ終わりとなりそうです。そろそろ花が咲きそうです。みかん畑はみかん野菜を育てる場所でもありますが、同時に憩いの場でもあります。嫌なことがあった時にはこの中にいるとザワザワの心が落ち着いてきます。昨日は人間関係のストレスにどっぷりと漬かってしまいました。対人...

続きを読む

生き物からも学び、歴史からも学ぶことのできるのが人間である

只今みかん畑にはクモの巣がいっぱいです。ちょっと油断すれば顔にクモの巣が~!!早朝のまだ薄暗い中では油断大敵です。さすがにこんなのには当たりたくないです・・・(>_...

続きを読む

穴開けられて食べられちゃうかもしれないけれど…味あるアートを描け!

そろそろ甘味を増してくる極早生みかんみかん畑を歩いていると、その極早生みかんを食べている盗人野郎を発見しました!!110番だ~コメツキムシでしょうか???ここまであからさまに食べているとさすがに手出しをしようと思わず、この1個はくれてやることにしました。(皮汚いし…。)どうだオイラの作った極早生みかんは美味しいだろ~v(^^)vさて、先日仕事で道後を訪れたところ、道後温泉の裏に変なものを発見しました。ク...

続きを読む

氾濫のあとに思うこと:吸引の地としよう

台風18号による川の氾濫でみかん畑が水没したわけですが、翌日の台風一過で畑もある程度乾いてきたので、みかんの木や実にひっついたゴミ類を落としてやりました。その時に思い出した映画があります。「THE RIVER」という映画です。この映画はメルギブソンがアメリカのトウモロコシ農家の主を演じているのですが、低地に畑があるが故に、毎年洪水に悩まされる中で、時には厳しい日雇い労働も行いながら、トウモロコシを育て、先祖...

続きを読む

完没:その時スイッチON

一昨日の台風は日中にみかん畑を水没させました。しばらくして水が引いてきたので監視をやめ、安心して笑点を見ながら小遊三面白れ~と笑っていたのですが、なんだか再び雨が強まり、外へ出てみると、またまた水があふれはじめていました。今度は昼間どころの騒ぎではなくなり、完璧に川はあふれ、怒涛の勢いで水が溢れてきました。みかん畑は一瞬にして完全に水の中へと没しました…(>_...

続きを読む

水没畑:溢れて流されお祭りだい!

台風18号が通過しております。このブログを書いているこの時間ちょうど四国に上陸しているところと思われます。午前中はそれほど雨が降ることもなく、風も吹くこともなく、本当に台風がくるのかな~???なんて言っていたのですが、午後から雨が強くなり、14時過ぎには土砂降り状態となりました。当然気になるのがみかん畑です。先日夜のうちに水没しましたが、もうギリギリ状態です。雨は激しいままで、こりゃきっと…と思えば、3...

続きを読む

みかんの木よりもみかん1個の方が高いのだろうか?

数日前プリンターが壊れてしまい印刷ができずに大弱り…。仕事の関係で印刷したいのにどうしようと悩んだ挙句、PDF化してコンビニへ行き、そこでプリントアウト。こういう点では便利な世の中です。(この便利がよいのか悪いのかはわかりませんが・・・。)さて今回のプリンターが使えなくなった原因はおそらくプリントヘッドの故障のようです。数回水洗い等できれいにしてみたものの、やはりプリントヘッド異常が出てきます。そこで...

続きを読む

まだ酸っぱい極早生みかんを食べると思い出す

先日夜間の雨でみかん畑が水没してしまったと思えば、今度は台風の接近でどうなる事やら???気がつけば仕事のタイムリミットも迫ってきており、なんだか心の焦りを感じてしまうこのごろです。みかん畑に1本だけある極早生みかんの木まだ食べるには少々早いかと思いつつ、取って食べてみました。まだ酸っぱさの方が勝っていますが、それでもほんのり甘みがあり食べられなくもなく、2,3取って食べてしまいました…。初みかん!!!...

続きを読む

宅地化の代償:みかん畑浸水事件

先日雨の中朝5時半にみかん畑を訪れ歩いているとゴボッと足が土の中にめり込んでいきました。なんじゃこりゃ!と思って更に進むと、そこは水浸し状態で、ふくらはぎあたりまで水が来てました。どうやら寝ている間に大雨が降り、川が氾濫したようでした。この写真は夕方撮ったものですが、朝川に近づき見たときはあと20cmほど水位が上がれば再び氾濫する状態でした。小屋も水につかり、Oh, my God!床上浸水状態です。雨は10時過ぎ...

続きを読む

季節を感じて種をまく:秋分の日を目指して!

みかんの木が枯れてしまい根っこから引き抜いたところを夏の間放置していたのですが、大根でも植えようかと草刈りしました。と言っても、まだ適当な草刈りですが…。肥料も何もやらずに種をまいて育ててみようと思います。赤シソ1本残っています。最近思いだしたことは農業だけはいくら理論武装しても、実際に栽培しないことには何もならないということです。いくら理屈を述べたって、できたものがどれほどのものか、そしてそれを毎...

続きを読む

今年も豊作!実りを喜びつつも、食べる量は減らしたい。

この時期自転車で走っていると自然と目が行ってしまうのが田んぼのお米です!と言っても私はお米を作っていません。かつては作っていたのですが、東京にいる時に親父が亡くなり、作り手がなくなったために家庭菜園へと変わってしまいました。そのため作りたいなと思うものの、作り方も分かりませんし、農機具もないので手を出せずにいます。頭の中では自然栽培のお米が育っているのですが、今はこうしてお米が実のっているのを見て...

続きを読む

対立するのはもうやめよう。心も身体もありのままを受け入れられるように。

朝5時半過ぎのみかん畑長袖を着てもいいかなと思えるぐらいとなりました。秋分まであと10日ほどです。それでも日課のケールの葉、青シソの葉、赤シソの葉摘みは変わりません。なんたってお昼ごはんですから!ケールの葉の上ではバッタの縄張り争い中です。にらめっこしています。人間が近寄っても逃げようともしません。完全にみかん畑(土地)の主は無視されているようで…さつま芋の葉は目の前でムシャムシャ食べてるし…、手で払...

続きを読む

元気モリモリになるために吸引エネルギーに変えましょう!

キャベツを植えることとしました。本当は種から育てようと思ったのですが、今回は苗をホームセンターで買ってきました。その理由は…、ただグウタラなだけです。でもブロッコリーはちゃんと種から育てております。一番の理想は種が落ちてまた時期が来ると芽が出て、実をならし、それを頂くというものなのですが、そうは問屋がおろしてくれません。バケツに水を汲み、そこで土を取り除き、植えてやりました。今回は(米のとぎ汁)乳...

続きを読む

飛行機は空を飛ぶ:しかし私は地に足をつけていたい

仕事合間の時間つぶしを飛行場の前の公園にて過ごしていました。朝9時半ごろの時間帯なので、次々と飛行機が降りてきては、また飛んで行きます。と言っても地方の空港なので、羽田や福岡に比べると微々たるものなのでしょうが…。けれどもそのたびに轟音が響き渡ります。たま~にこの公園を訪れることがあるのですが、ここから見る飛行機と石油化学プラント風景はあまり心地よいものではありません。(来なければいいのに…と思いつ...

続きを読む

プロフィール

Eikyo

Author:Eikyo
住宅街にある小さなみかん畑で、自然との調和を心がけ、愛を感じながら、愉快に、豊かに、そしてHappyに!半農半X生活(と言っても、自給自足できるだけの食べ物をつくる程度の農業と今世なすべき使命の追及)を目指してナチュラルライフを送っています。

21世紀(2050年)のライフスタイルを模索中です!!

検索フォーム